フィジカル・ビットコイン「悟 Satori」 ビットコインをリアルに

大量無償配布「エアードロップ 10,000」キャンペーンは2016年5月31日で応募を締め切りました。
応募していただいた皆様にお礼申し上げます。

AIR DROP 10,000 応募者の方へ

最新情報をご希望の方は
以下のフォームから登録お願い致します。

メーリングリスト登録 →

登録する

メーリングリスト解除をご希望の方は、下記フォームに
ご登録いただいたメールアドレスをご入力ください。

メーリングリスト解除 →

解除する

フィジカルビットコイン「悟 Satori」

悟コインとは

「悟」とは、知らなかったことを知る、との意味合いがあります。日本生まれの、フィジカルコインが「悟」と名づけられた理由は、ビットコインが人生を変えるほど影響力を持っているからです。ビットコイン信奉者の多くは、その影響力についてこう証言します。自分のこれまでの人生は、ビットコインを知る前と、知った後の二つに分かれる。ビットコインを知ることにより、人生で一番大切と言っても過言ではないお金についての認識が劇的に変化することでしょう。ビットコインがお金について何を解き明かしてくれるのかを自力で見いだしたい方は、もう身分証明などの手間がかかる交換所での口座開設手続きや、投資が大損になるかもしれない不安にかられることはありません。怖がらず、気軽に遊び感覚で接してみてください。悟コインは、ビットコインの新規取得に関わるハードルを極力まで下げ、誰にでも悟りを開くことを可能にします。

With many thanks, credit to
Pawel Karbowskiin from the Netherlands.

表面 OBVERSE

DETAIL 1

DETAIL 1

「価値は人間の意識外には存在しない」 カール・メンガー
彼の経済学の原則は、後のオーストリア学派経済学者ミーゼスやハイエクに大きな影響を与えます。彼は次のように述べています。価値は物に存在するのではなく、価値を評価する一人一人の個人の考えにあると。では、ビットコインに価値はあるのでしょうか?それを判断するのはあなたです。そして、その外側には「人間の意識外には存在しない」0.001BTCの価値が表記されています。

参考市場価値  http://coinmarketcap.com/

 

DETAIL 2

赤と青の縞が公差する模様と、黒枠の周りを囲むティールブルーの結び状の模様は、ビットコインのブロックチェーンをタペストリー(織物)として表現しています。ブロックチェーンは、織物を作るように情報(模様)を帳簿(タペストリー)に織り込んでいきます。情報が重ねれば重なるほど、重なった情報の変更が困難になります。マイニングとは情報を織り込む作業であり、時間を追うごとに情報のセキュリティを強固にしていきます。

DETAIL 2
DETAIL 3

DETAIL 3

黒枠から漏れるオレンジ色の光は、既成概念にとらわれずに、これまでとはまったく違った観点で考えることを象徴しています。黒枠の中央にはビットコインのシンボルマークを取り囲むかたちで、太陽の光が放射状に外に広がります。枠の四隅に向けて伸びる白い光は矢印のかたちをしており、常識という枠組みの制限を強調します。中央黒枠の下の辺には、ビットコインの誕生日(2009年1月3日)がローマ数字で記載されています。この日に、ブロックチェーンの最初のブロック(ジェネシス・ブロック)が生成されました。当時、TIMES紙のトップ記事は「銀行の追加援助の瀬戸際に立つ大蔵大臣(英)」でした。

DETAIL 4

「誠実にまされる知恵なし」 ベンジャミン・ディズレーリ
彼は19世紀英国の政治家で、2期にわたって首相を務めました。もちろん、彼はビットコイン、ブロックチェーン、インターネットやコンピューターを知ることはありませんでした。しかし、彼の名言は、実にうまく簡潔に、ブロックチェーン、分散型ネットワークとオープンソースソフトウェアの素直で透明な性質を表現しています。ディズレーリは保守党員だったので、当時ビットコインがあったとしても認めなかった可能性が高いです。その上で、彼の素性はユダヤ系であったため偏見と闘うことを余儀なくされました。合理的な判断に基づかないこと理由に嫌がらせを受けることを経験したディズレーリの政治スタイルは、あらゆる階級を受け入れることを基本とすることでした。彼の包括的な姿勢こそ、アメリカのグロバー・クリーブランド大統領のように英国の総理大臣として「連続でない二期」を務めることを実現させ、死後、党派を超えた国民的英雄に昇華した大きな要素でしょう。これについて『タイムズ』紙は「支持者だけでなく政治的敵対者からも彼が追慕されるのはわが国の政治闘争が憎悪とは無縁であることを証明している」と論評しています。ビットコインはデズレーリの政治スタイルのように、あらゆる階級を受け入れます。

DETAIL 4
フィジカルビットコイン「悟 Satori」

裏面 VERSO

DETAIL 1

六角形は数字の6を象徴しています。一般的に信じられている説として、ブロックチェーン上の情報は6回コンファメーションがあると取り消せなくなると言われているからです。六角形の下に位置する二つの三角形も、それぞれ三つの結び状の模様で形成されており、合計で六つになるだけではなく中央に小さな六角形が隠れています。 また、6ケタの数字は「シリアル番号」です。

DETAIL 4
DETAIL 4

DETAIL 2

同心の六角形の中心から太陽の光が放射線状に外に広がりますが、それを重ねることにより光のまぶしさを強調しました。強烈な光は、ホログラムシールの下に隠されているQRコードが開く扉の向こうにある暗号通貨という新たな世界と既存の枠組みから解放されることを意味しています。また、中央にあるビットコインのシンボルを二重らせんで囲んだ理由は、人類もビットコインと同じようにコード化された命令の集合であるからです。